センターでは、市場動向や企業ニーズの調査・分析から開発課題を設定し、県内産業の新たな展開に貢献できる5~10年先の技術「コア技術」の開発を行っています。

コア技術の説明図(中)

これら「コア技術」の開発を加速化するため、平成29年度から「コア技術確立事業」を起ち上げ、緊急性の高い3テーマの開発に取り組んでいます。

微生物による未利用資源の活用技術の開発

産業廃棄物として処理してきた「食品加工業者の排水中に含まれる資源」から、油脂や燃料などの有価物を生産する技術を確立。この技術を使えば、これまでコストをかけて処理してきた「廃棄物」を、「価値あるモノ」に変換できる。
(フードサイエンス、未利用資源活用)

二相系マイクロリアクターによる新規化学プロセスの構築

巨大なプラントでは採算が取れないような「少量製品」の製造に適した、「小さな反応器(マイクロリアクター)」を使った化成品製造プロセスを開発。高付加価値製品の「少量多品種」製造にシフトしつつある化学業界の、「製造プロセスの効率化」に貢献。
(有機合成・3Dデータ活用)

未利用光の有効活用 ~波長変換材料の開発~

太陽電池などで「従来利用できなかった波長の光」を、「利用可能な波長の光」に変換する技術を開発。この技術を使えば、太陽電池や人工光合成(水素エネルギー製造)の効率を飛躍的に向上させることができ、再生可能エネルギー技術への応用が可能。
(有機合成、化学分析・材料評価、未利用資源活用)