研修生イメージ(ペイント風)工業技術センターでは、中小企業等の技術者の養成及び能力の向上を図るため、基礎から応用技術までの研究指導、技術指導を行います。またこの制度により、当センターの技術開発研究のシーズを習得して頂き、企業等に技術移転を行います。

対象企業等
  • 公的試験研究機関または大学等において研究に従事している者
  • 和歌山県内の中小企業、県内に事務所を有する企業、またはこれに類する団体の業務に従事している者
  • 上記の規定にかかわらずセンター所長が特に認めた者
受付

研修生の受入は随時受け付けています。
事前に、「研修生受入申請書」に履歴書、誓約書、研修計画書を添えて、所長に提出してください。
審査の後、受入が認められますと、「受入承認書」が送られます。その後研修契約を締結して頂きます。

研修経費の負担

研修に要する機器、器具等は工業技術センターに設置しているものを使用しますが、消耗品については、原則として、研修生側に負担して頂きます。

研修終了後

研修が実施され、研修報告書が提出されますと修了書が授与されます。