R2先端技術_robot-SIer_タイトル.png

「生産工程を自動化したい。」でも「まず何から始めればいいの?」そういう方のために工業技術センターでは自動化設備の導入に関する各種基礎講座を用意しています。産業用ロボット基礎講座では、ロボット作業に従事する際に必要とされている「安全教育」を履修することができます。またSIer育成研修では、自動化設備の受発注の際に必要な仕様決定の考え方を身に付けることができます。

※講習会の開催については、新型コロナウイルス感染症対策に留意して実施いたします。ご参加にあたっては、手洗いの徹底やマスクの着用、咳エチケットなどウイルスの感染防止にご協力ください。 また、感染症拡大の状況により、やむを得ず講習会を中止する場合がございますので、予めご了承ください。

講習会内容・日程 (費用:無料)

◆産業用ロボット基礎講座 令和2年8月24日~8月28日 (募集定員:15名)

産業用ロボットを操作する際必要となる労働安全衛生規則第36条第31号、第32号に基づいた安全教育を受講いただけます。また受講者には特別教育修了証を発行いたします。

◆SIer育成研修 (RIPS研修) 令和2年9月10日・11日 (募集定員:10名)

ロボットシステムの導入の際、作成する資料を標準化する事により内容を見える化し、システム設計する側とユーザーとの合意形成をスムーズにする工程管理手法を学べます。

※SIer(エスアイア)とはシステムインテグレーターの意。個別の設備を1つにまとめ、自動化システムを完成させる事業を行なう企業
※RIPS(リプス:ロボットシステムインテグレーション導入プロセス標準)ロボットシステムの構築プロセスを最適化する工程管理手法

会 場

 和歌山県工業技術センター(和歌山市小倉60

募集対象

わかやま地域活性化雇用創造プロジェクト地域活性化コースの対象業種において以下の業務担当者の方
 ●
ロボットシステムの導入提案、設計、構築等を行うSIer企業
 ●
ロボット導入を考えているユーザー企業の設備及び生産技術担当

※わかやま地域活性化雇用創造プロジェクト地域活性化コースの対象業種
 〇食料品製造業 〇飲料・たばこ・飼料製造業 〇プラスチック製品製造業
 〇金属製品製造業 〇生産用機械器具製造業 〇業務用機械器具製造業
 〇電子部品・デバイス・電子回路製造業 〇輸送用機械器具製造業 〇情報サービス業

受講条件 (受講決定後に必要な手続き)

・受講者が所属する事業者から、所定の誓約書をご提出いただきます。
・研修終了時、アンケートにお答えいただきます。

応募期限

 令和2730日(木)

応募方法

下記の募集案内(PDF)の応募用紙に必要事項を記入しFAXでお申し込み下さい。

 ※ 申し込み先に御注意願います。
 ※ なお、スケジュール等の詳細については募集案内(PDF)を御参照ください。

令和2年度_先端技術講習会(ロボット)募集案内.pdf

お問合せ先

島津サイエンス西日本 株式会社 和歌山支店 担当:高橋(たかはし)TEL 073-422-8133
和歌山県工業技術センター ものづくり支援部 旅田(たびた)・花坂(はなさか)TEL073-477-1271