ものづくり支援部では、機械や電子情報技術を基盤とした研究開発を推進しています。具体的には、AI・IoT・ロボットを活用して工場内オートメーション化を目指す「自動化促進ラボ」と、産業用X線CTや3Dプリンタを活用し3D CADといったコンピュータ技術を基にした「3Dスマートものづくりラボ」を運営し、地域企業におけるものづくりを対象とした技術支援や情報提供活動を行っています。
(AI:機械学習などの人工知能技術、IoT:モノのインターネット化に代表される電子計測技術)

技術指導、相談】

生産や検査工程の自動化 、機械学習を用いた画像識別 、電磁妨害波計測及び対策など

受託試験】

産業用CTによる非破壊検査 、振動試験、3D プリンタ造形など


【自動化促進ラボ】




【3Dスマートものづくりラボ】